インプラント治療

インプラント埋入で、お口と身体の健康を守る

インプラントとは

失われた歯の代わりに、埋め込む人工歯根のことです。顎の骨に固定するため、自分の歯と同じように強く噛むことができます。また、金具や接合部が見えませんので、天然歯と変わらぬ自然な美しさを再現できます。
定期的なメインテナンスを怠らなければ、永く、快適に使用していただけます。

当院のこだわり。インプラント埋入で、「いまある歯」を守る

入れ歯やブリッジは、周囲の歯や歯ぐきに支えられながら機能します。それに対してインプラントは、1本の歯として自立して機能しますので、周囲の歯や歯ぐきに負担をかけません。それは、むし歯・歯周病予防の観点からも大切なことです。
当院で行うインプラント埋入で、機能性と審美性の向上だけにとどまらず、「いまある歯」の健康を守ることができます。

インプラント埋入のための取り組み

知識・技術の習得

当院院長は大学院で口腔外科を学び、以降各医療機関で下顎骨骨折、顎変形症、インプラント手術の経験を積み重ねてきました。学会や講習会へ積極的に参加し、近年では講師として講演会の壇上にあがっています。
知識と技術で、インプラント埋入をより確実なものとします。

シンプラント、サージカルガイドの導入

世界中でもっとも使用されている術前シミュレーションソフトが「シンプラント(SimPlant)」です。CT画像と組み合わせて使うことで、より実際に近いシミュレーションが可能です。
しかし、いくらシミュレーションを重ねても、実際にその通りにインプラントを埋入できなければ意味がありません。患者様の口腔環境によっては、非常に難しい埋入になることがあります。そういったケースには、埋入をサポートする「サージカルガイド」を使用します。シミュレーションで得られた理想の埋入位置・角度との差異を限りなくゼロに近づけます。ストッパーがついていますので、深さを間違えることもありません。

院内に歯科用CTを完備

3D画像の撮影ができる歯科用CTを、院内に設置しております。インプラント埋入の際には必ず撮影を行い、手術の安全性を確保します。

インプラント

当院では、数あるインプラントから「ストローマン」、「ノーベルバイオケア」、「アンキロスインプラント」、「オステムインプラント」を取り入れております。どちらも安全性を認められた、高品質のインプラントです。患者様の口腔環境、体質に合わせて使い分けます。

最新のインプラント技術にも対応

オールオン4(All-on-4)

4本(場合によっては6本)のインプラントを支えとし、ブリッジ状の人工歯を固定する方法です。 少ない本数のインプラントで、リスクを最小限に留めながら治療できます。患者様の身体的・経済的負担を抑えながら、安全性を確保することができます。

  • 身体的・経済的負担を抑えられる
  • 手術当日に仮歯を入れられる
  • 上部構造の自由度が高く、咬み合わせを調整しやすい
  • 入れ歯のように取り外すことなく、そのまま歯磨きできる
治療の流れ

1カウンセリング

2検査・シミュレーション(CT含む)

3インプラント埋入・仮歯装着

4治癒期間(6カ月程度)

5型取り・装着

6定期的なメインテナンス(一回につき、30分程度)

シンコーンシステム

4~6本のインプラントを支えとし、総入れ歯を固定します。
入れ歯の違和感を抑え、インプラントの身体的負担を抑え、それぞれのよさを生かした最新式の治療です。

  • お手入れが楽(基本的にご自身で着脱可)
  • 汚れのたまりにくい構造
  • 入れ歯型で歯ぐきの形まで再現できるから、お口まわりの張りを取り戻せる
治療の流れ

1カウンセリング

2検査・シミュレーション(CT含む)

3インプラント埋入(1次手術)

4治癒期間(2~3カ月間)

5アバットメント装着(2次手術)

6アバットメントと歯ぐきを馴染ませる(2週間)

7型取り・装着

8定期的なメインテナンス

インプラント10年保証

患者様の安心の確保のため「ガイドデント保証システム」に加入しております。
当院でインプラント治療を受けられた方には、保証書をお渡しし、こちらが指定するメインテナンスをお守りいただくという前提の上で、10年間の保証をいたします。

顎の骨の量が足りない・厚みが足りない方へ

顎の骨の量や厚みが不足している場合でも、骨の再生、特殊な埋入方法により、インプラント治療が可能となります。
すべてのケースに適用できるわけではありませんが、お悩みの方は一度ご相談ください。

GBR法

骨が不足している部分に人工膜を張り、その内側で骨の再生を促す処置。

ソケットリフト

骨の厚みを部分的に取り戻すことで、上顎洞(上顎にある空洞)を持ち上げ、そこで骨造成を促す。

~上顎奥歯の垂直的な骨の量が少ない方のインプラント治療~
ソケットリフト法は上顎の骨の再生手術のひとつで、口腔内から上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法で骨増成を誘導する治療法です。上顎の骨に垂直に穴を開けてインプラントが入るだけのスペースを作り、作ったスペースに骨造成してインプラントを支えます。
そのため、垂直的な骨の厚みが極端に少ない場合にはソケットリフト法を施術できません。具体的には、インプラントを埋め込む箇所の骨の厚みが5mm~10mmの場合に用います。厚みが5mmに満たない場合は、サイナスリフト法を用います。

サイナスリフト

~上顎奥歯の骨量が極端に少ない方のためのインプラント治療~

上顎の奥歯にインプラント治療を行いたいが骨量が極端に少なくてそのままでは手術ができない場合には、サイナスリフト法という上顎洞挙上術を施します。
一般的なインプラント手術よりも大がかりな手術が必要になりますが、サイナスリフト法を施術すれば、骨の厚みがほとんどない方にもインプラント治療が可能になります。
技術を要する治療法ですが、当クリニックでは多くの症例でサイナスリフト法の成功をおさめている実績があります。「骨が少ないからインプラントは無理だ」と諦めてしまう前に、ぜひ当クリニックにご相談にお越しください。

スプリットクレスト

骨に穴を開けるのではなく、小さな隙間をつくってインプラントを埋入する。

歯槽骨が4mmに満たない場合におこなう処置です。極端に薄くなった骨を分割して、その隙間にインプラントを埋入する方法ですが、非常に割れやすくなっている歯槽骨を破折してしまわないように細心の注意を払う必要があり、また、技術が求められる治療法です。
当院では、スプリットクレストによるインプラント治療も数多く成功させておりますので、他の歯科医院で「骨が薄すぎてインプラント治療が不可能」とお断りされた方はぜひ当クリニックにご相談ください。

手術が怖くて踏み切れない、という方へ

インプラント治療には手術が不可欠です。手術に不安があるという方はご相談ください。 鎮静効果のある経口式のお薬や静脈内鎮静法で、不安や恐怖を感じないうちに手術を終えることができます。

※静脈内鎮静法
点滴による全身麻酔の一つです。「ウトウトした状態」から「完全に眠った状態」まで、薬の量で調節することができます。
ストレスが緩和され、血圧や脈拍が安定します。麻酔科の先生をお呼びし、安全を確保して行いますのでご安心ください。

 

経口薬鎮静法、のみ薬でうとうとした状態にします。短時間の処置に向いています。点滴も不安だという方にもお勧めです。

入れ歯

精密入れ歯BPSデンチャー

ヨーロッパ発祥のBPSデンチャーシステムは現在は、世界のスタンダードと言ってもよいほどです。 BPSシステムによって作る入れ歯(BPSデンチャー)は、今までの入れ歯とは製作行程からまったく違う全てオーダーメイドでの作成です。 歯科技工士が立ち会いを行い、お口の状態をチェックして顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランス等を確認しながら製作を行います。 今までの義歯と大きな違いは、食べ物を噛んだ時の義歯のポジションと力を完全に再現して製作できるということです。

こんな方におすすめです

  • 今までの入れ歯に不満足
  • 快適に食事を楽しみたい方
  • 短期間で高品質の入れ歯を手に入れたい方
  • 会話や歌を楽しみたい方
  • 日々の生活を活動的に楽しみたい方