院長のひとりごと…

2013.02.23更新

先日、歯根嚢胞を摘出しました。小さな歯根嚢胞なら口腔外科を少ししたことのある医院では摘出されることもあると思います。
今回摘出した歯根嚢胞は鶏卵大の非常に大きなものでした。

下顎の嚢胞を摘出する場合、顎の中に走行している下歯槽神経血管束(下顎管)との位置関係が非常に重要になります。今回の嚢胞は大きいですが、CTで確認したところ、下歯槽神経血管束と接していなかったので局所麻酔下での摘出手術を行いました。接している場合は摘出時に非常に強い痛みがあるので全身麻酔下での摘出手術をお勧めします。嚢胞を摘出するとき、通常は大きく骨を開削して嚢胞を摘出します。

フリージア歯科クリニックの場合、上顎洞挙上術(サイナスリフト)で用いる器具を使用して、非常に小さな骨の穴から嚢胞を摘出することが可能です。

口腔外科に在籍していたときは大きく骨を開削して嚢胞を摘出していました。そのたくさんの経験から、摘出しにくいところを熟知しているので小さな骨窓から小さな器具を使って摘出が可能となるのです。小さな手術野ですので術後の腫れはほとんどありませんでした。10年以上口腔外科を中心に診療を行っていましたので、親知らずの抜歯や嚢胞摘出、歯根端切除術等の簡単な口腔外科処置はフリージア歯科クリニックにお任せください。大学病院は夕方や夜、土曜は診療を行っていませんが、本町駅直結のフリージア歯科クリニックは診療しています。口腔外科で気になることがあれば、まずはご連絡ください。

投稿者: フリージア歯科クリニックオリックス本町ビル院